なぜ『常識・普通・当たり前』が通じないのか?②

夏目の「なぜ『常識・普通・当たり前』が通じないのか??」シリーズ

2.身近なエピソードから 上司と部下では

上司と部下

今回は
「当たり前」について、ある企業における営業係長と若手社員の会話を聞いてください。

係長・・・「君の営業成績がもうひとつだ、なぜなのか」
一郎さん「そうです…」
係長・・・「ちゃんとユーザーに食い込んでいるか」
一郎さん「ユーザーと何回も会っていますよ」
係長・・・「ちゃんと“食い込んでいる”んだな」
一郎さん「“食い込む”ってどういうことですか?」
係長・・・「お前、“食い込む”ということは分からないのか、そんなの常識だろう!」
一郎さん「ちゃんと会っています。三回も営業をかけていますよ!」
係長・・・「会うだけではダメなんだ、“食い込む”んだ」
・・・・・「“食い込む”って、そんなの説明しなくても分かるだろう!!」
一郎さん「会って、商品の特徴を説明します!」
係長・・・「会うだけではダメなんだ。“食い込んでいく”んだ!!」
一郎さん「だから、“食い込む”って何でしょうか?」
係長・・・「口で説明しなくたって分かるだろう。そんなの常識だろう、当たり前だろう」と怒りの口調で言う。
一郎さん「わかりました。努力します」

彼はだまって下を向いたままだ。

頻回に出てきます「食い込む」と「当たり前」の言葉。そして「常識」・・・・」。

係長が言う「当たり前」を若手社員は理解できないのです。

係長は「食い込む」の説明ができていない、していない、のもわかりますね。
ひょっとしたら、わかりやすく説明ができないかもしれませんね。