【著書紹介】中高年に効く! メンタル防衛術

中高年者に、いま、ぜひ読んでいただきたい本ですよ!!

中高年に効く!メンタルヘ防衛術

中高年に効く!メンタル防衛術

精神科医・産業医である私は、この35年間、全国で1000回以上の講演をしました。1番感じたのは中高年者こそ、グローバル競争やIT全盛の時代、あるいは家族状況も変化するため、「危機年代」と言う現実です。

役職ストレスは言うまでもなく、家では受験と介護、住宅ローンなどが負荷されます。
しかも「心神」は加齢とともに無理がきかない。
一番危惧するのは、過重労働からきます「蓄積疲労がMAX」です。

本書は、上記の現状と危機感に基づいて書かれたものです。
「何とかしないと中高年者はダウンしてしまうぞ!」との思いからです。
「40歳代から定年後までのライフサイクル」における心身の状態、特に「ココロの防衛術」を書いています。

特徴は身近に見られる事例を多く掲載し、読者がピンとくるように、図表も駆使し分かりやすく説明。
かつ対応についても具体例を多数紹介

次に「ストレス点数」と言う分かりやすい“指標”を活用し、働く人の対応についても解説。
さらには見逃れやすいが、ポイントになる「家事全般のこなし方」について、妻をなくした私の経験を、赤裸々に書きました。

目次

第一章
ストレスを自己採点する
ライフイベント表とは?/260点以上は責信号
日本人は職場のストレスを感じやすい

第二章
産業医の見た「働き方とストレス」
部長はストレスに鈍感?/意外と多い「昇進うつ」
ストレスを生む世代間ギャップ/他人を攻撃する「現代型うつ」
時間外労働とストレスの相関/ストレス要因のトップは「ハラスメント」
「疲れを知らない上司」にご用心/わかった。わかった症候群

第三章
日本の会社が変わった
オフィスが静かになった/ 軽作業」の効用
「鬼軍曹」「ムードメーカー」はどこに消えた?/シリコンバレーの雑談力

第四章
女性が日本の職場を救う
ストレスにも男女差がある/女性のほうがセンサーは優秀?
「スーパーウーマン」になれなくても/″先輩″たちに相談
働く女性に必要なものは?/男女で違う「危機の年代」

第五章
心と体の対策
SOSサインを見逃すな/充実した休日のはずが……
身だしなみ症候群/「心のエネルギー」と睡眠

中高年に効く!メンタル防衛術

ISBN-978-4166611836

定価(本体 800円+税)

中高年に効く!メンタルヘ防衛術