【著書紹介】気づき力で変化をキャッチ―ちょっと先読むメンタルヘルス

変化し続けるメンタルヘルス不調とストレスチェック制度

“変化”に気づき、対応できるように執筆しました。


気づき力で変化をキャッチ―ちょっと先読むメンタルヘルス

中央労働災害防止協会から2015年に出版した本です。

企業に関与している医師や産業看護職、衛生管理者、人事担当者にぜひとも読んでいただきたい本です。

メンタル不調の早期発見は大切です。
そのポイントは管理職と当事者です。

「気づき力」を高めるためのポイントを図やイラスを活用し、身につくように工夫していますよ。

目次

第一章
心身のSOSをキャッチしよう!
“SOS”サインに気づく
“朝刊”と“身だしなみ”症候群
予防可能な「人事異動後症候群」
「ホウレン草」ができない部下、したくならない上司
「サインは『V』」シンドローム

第二章
変貌し続ける社員の現状
拡大する若者と中高年者のギャップ
「ライフスタイル」のギャップ
「コミュニケーション」のギャップ
中高年に増加している「リストラ症候群」
中高年女性を襲うトリプルパンチ
若手社員の「非婚化」が進む
「非婚化」と「寅さんシンドローム」
「自立!自立!!シンドローム」自己完結の世界
意外と気づかない「イメージ・ギャップ症候群」の増加

第三章
企業における大きな変貌
「グローバル症候群」の浸透
いまの職場が喪失した「4つのもの」
工場にみるメンタルヘルス対策の原型
短期決戦での成果を求められる研究開発職
技術者と管理者のはざ間で 技術職のメンタルヘルス
リストラの波に翻弄される営業職
ハイリスク群の管理職
公僕は死後?公務員のメンタルヘルス

第四章
増加する「現代病」への対応
増加し続ける「適応障がい」
共感が難しい「現代型うつ病」
現代型うつ病にはこう対応
ケース1 外罰反応にどう対応?
ケース2 休職中の海外旅行
ケース3 短期間再発への対応

第五章
ストレスチェック制度
ある日、職場にストレスチェック実施の掲示
ストレスチェック制度の全体像
実施の第一歩は衛生委員会で審議
“医師の面接指導”からイメージ
保健師などにも相談ができる

ISBN978-4-8059-1615-5

定価(本体 1,400円+税)