キャラキラの舞 PART2 その3

合言葉は、「届けヒマラヤ!」。

キャラキラの舞 ストレス点数の夏目

舞子は決心しました。
「ここは、あの秘密兵器、マイ・舞・マシーンを使うしかない。まずは課長が何を考えているかを知ろう。ではスイッチ1を」。

ポーズを取る舞子。目を見開き、鼻も全開。

合言葉、「届けヒマラヤ!」と秘かに絶叫。

あらあら、不思議。
ヒマラヤ山脈が眼前に浮かぶ。(小説だからね)
またまた摩訶不思議、居太野課長の顔が、そして彼の脳が大写しになってきましたよ。

普通の脳と違うみたい、良く近づいてみますと、何と脳に言葉が刻まれているのだ!

課長の脳に、言葉が書いてある!!

舞子は課長の脳に刻まれた言葉が、彼の本心だろう。
読めば彼がわかるのだ。
大学受験の「傾向と対策」ではないが、わかれば即対応ができるよ。

キャラキラの舞 ストレス点数の夏目

俺だって、好きで課長をしているのではない。
実績を上げないと、部次長になれないし、ボーナスも増えない。
年収800万円だ。
部次長になれば950万円にアップ。
子どもが2人、中学生と小学生で、教育費がかかる。
中途半端な額ではないよ。
家のローンも払わないといけない。
俺が自由に使えるお金は3万円だけ。

キッチリ・キッチリは俺の心情

仕事でキッチリキッチリは俺の心情。
それで今までやってきた。
実績も上げて来た。
周りから「細かい、細かい奴だ」、「几帳面すぎる」と言われるが、この方法しか知らないのだから、仕方がない。

あら不思議。脳が転回したよ。

裏側が1分しか見えない。そこに次のように書かれています。