キャラキラの舞 PART2 その2

キャラキラの舞 ストレス点数の夏目

舞子、耐えられない上司ストレスを訴えます

舞子

美樹にちょっと聞きたいのだけれど?

美樹

何?

舞子

実は‥‥

美樹

彼氏が?

舞子

違う、違う…会社のことよ‥

美樹

舞子、大手メーカーだよね。
一般職OL、業績もよさそうだし

舞子

うーん。
給与も良いし、福利厚生はバッチリ、でも上司が

美樹

あぁ、おじさんね

舞子

そうそう、上司、居太野課長。
誰かに聞いてもらいたい

美樹

うん、聞きましょう

舞子

合わない、絶対に

美樹

上司との関係はいずこも難しい

舞子

全くダメ。
ダメ、ダメ、駄目男。
細かい、キッチリマンで

美樹

最悪パターンね

舞子

美樹、どうしたら、良いの・辞めたくないの、今の会社。
好条件。
若い男性も多いし

おしゃべり、その限界

美樹

でもこればかりは…我慢・我慢しかない‥‥

舞子

我慢できないから、相談しているのに

美樹

舞子。グチは聞きます。
とこのトンまで聞きます。
私にできるのは、そこまでね

しばらく沈黙が続きます。
少しシラケ気味になって
気を取り直すように、美樹は「でも、今日は華金よ。ワイン飲んでカラオケに行って、唄いまくろうよ。唄って踊って、発散。レッツ、GO」

舞子は、美樹に相談してもグチになるだけ、雰囲気もぶち壊しになりかけた。

ズッと上司の言動を我慢したが、もう限界か。ワインを飲み干します。
舞子はグテングテンに酔って帰宅。
目覚めは二日酔いで最悪。

決心しました。

キャラキラの舞 ストレス点数の夏目

合言葉は「届け、ヒマラヤ!」

「ここは、あの秘密兵器、マシーンを使うしかない、チャンネル1」

舞子はマシーンポーズを。
目を見開き、鼻も全開。

スイッチ1を押しながら、合言葉の「届けヒマラヤ!」と秘かに絶叫。