対人ストレス対応へのヒント(23)

「スマイル仮面症候群」-その5

化粧、フアッション、笑顔はテッパンよ…

ストレス点数の夏目 対人ストレス対応へのヒント スマイル仮面症候群

前回からのカウンセリングの続きです。
今回は、ムリに笑顔を作り続けるようになったきっかけなどを検討しました。

前回は

カウンセリング

夏目

演じてしまうって言いましたね。笑顔をどうして、ムリして演ずるようになったの?

恵子さん

中学2年のとき、グループのなかでムリして笑顔を作っていると思った

夏目

そのときが気づいた最初ですね。グループで?

恵子さん

女性はグループが関心事。
入っていないと何もできないのよ。
グループでの笑顔。
そのときの笑顔は、みんなに合わせるためのもの。
高校時代は減ったかな。大学に入ってから多くなったみたい。
みんな化粧をし、最新のファッションだから
ダサイが最大の侮辱言葉よ

夏目

そうか。装うのですね

恵子さん

そう。化粧やフアッションは重要、必須アイテムよ

ストレス点数の夏目 対人ストレス対応へのヒント スマイル仮面症候群
夏目

装うのはわかります。
笑顔と関係はありますか?
装うのと笑顔を演じるのは

恵子さん

ありますね!化粧と笑顔を演じるのは、似ています
化粧、フアッション、笑顔、テッパンよ…
3つは似ているかも。上手に自分を隠すのかな
良く見せたい、ステキって言われたい!カッコイイと思われたい気持ってありますね

夏目

よく見せたいの

恵子さん

そうです、よく思われたいの・・・、評価されたいから

夏目

誰でもその思いはあるが。
恵子さんは、その気持ちが強いですね!

恵子さん

強いです!


次回へ続く