対人ストレス対応へのヒント(21)

「スマイル仮面症候群」-その3

対応はカウンセリングで その1

ストレス点数の夏目 スマイル仮面症候群

カウンセリングが必要と判断

私は『スマイル仮面症候群』の恵子さんに、仮面の程度が重症なので、カウンセリングが必要だと考えました。

カウンセリングとは治療者(カウンセラー)と来談者が信頼関係の下で、サポートされながら「自分と向き合い、自分を客観的に見ること」、「自己客観視から、ストレスに、どう対応したらよいかが分かるようになること」です。

その内容を以下に示します。
スマイル仮面になっていることへの気づき(本人は演じているとのみ思い込んでいますから、仮面に気づいていません)と原因、どう克服していくのかを読みとっていただければ。
私が、精神科医のマコマコですよ。

1)気づきへの‥‥

夏目

相談中も恵子さんは笑顔が多いのですが?悩んでいれば、笑顔はでにくいのですが?『つくり笑顔』で、疲れませんか?

恵子さん

笑顔ですか?言われてみたら笑顔が多いかも・・・。笑顔を意識しているからです。

夏目

笑顔を意識しているのですね。絶えず?

恵子さん

職場にいる時は、意識して作っていますね。

夏目

それは、笑顔を演じていることになりますね。

恵子さん

そう、笑顔を演じています。同性や上司などがいるときは、特に、そうします

夏目

どうしてなの?

恵子さん

皆に、よく思われたいからかな?評価されたいからですよ。

夏目

よく思われたいの、その思いが強いですね。いつも演じているのでしょうか?

恵子さん

職場にいるときはズーッと、演じ続けていますね。

夏目

家に帰ってからは、どうかな?

恵子さん

家でも、居間にいる時は笑顔かな、笑顔ですね。

夏目

家でも素顔になれないの?

恵子さん

仕事でストレスのあるとき、家でも笑顔を作っています。親に心配をかけたくないから‥‥。

夏目

家でも……。家族だから、素顔でいたほうが、疲れないよね。自然だよね。

恵子さん

そう思うけど、笑顔になってしまうのよ!
先生、演じているわけではないんです!!
自分らしさが無くなってしまいますよね‥‥どうしよう??

イラストは夏目/pixta(ピクスタ)から

この記事を書いた人

natsumemakomako