対人ストレス対応へのヒント(19)

「スマイル仮面症候群」-その3

カウンセリングの実際-その1

シカトの傷が

私と恵子さんのカウンセリング内容を、ドキュメント風に、以下に示します。
14回で終結したカウンセリングです。
「スマイル仮面」への気づきと対応を読みとっていただければ。

恵子さんが『スマイル仮面症候群』になった原因は
高校時代にグループの仲間数人に、シカトされた体験が大きかったのでしょう。
文中の私が、精神科医の私ですよ。

ストレス点数の夏目 夏目誠 なつめまこと 精神科 医師 産業医 対人ストレス

気づくように、” 相づち”と「問いかけ」を活用

・・・相談中も恵子さんは笑顔が多いのですが?悩んでいれば、笑顔はでにくいのですが?『つくり笑顔』で、疲れませんか?
恵子さん:笑顔です‥‥?言われてみたら笑顔が多いかも‥‥。笑顔を意識しているからです。
・・・笑顔を意識しているのですね。絶えず?
恵子さん:職場にいる時は、意識して作っています。
・・・それは、笑顔を演じていることになりますね。
恵子さん:そう、笑顔を演じています。同性や上司などがいるときは、特に、そうします
・・・どうしてなの?
恵子さん:皆に、よく思われたいからかな?評価されたいからですよ。
・・・よく思われたい、その思いが強いですね。いつも演じているのでしょうか?
恵子さん:職場にいるときはズーッとよ、演じ続けていますね。
・・・家に帰ってからは、どうかな?
恵子さん:家でも、居間にいる時は笑顔かな、笑顔ですね。

家でも素顔になれない

・・・家でも素顔になれないの?
恵子さん:仕事でストレスのあるとき、家でも笑顔を作っています。親に心配をかけたくないから‥‥。
・・・家でも‥‥。家族だから、素顔でいたほうが、疲れないよね。
恵子さん:そう思うけど、笑顔になってしまうのよ!

ストレス点数の夏目 夏目誠 なつめまこと 精神科 医師 産業医 対人ストレス
中高年に効く!メンタル防衛術