汗とナミダの” 家事ことはじめ”③ 「妻依存」を考える

気づきがない身辺自立の低さ

多くの夫は自覚していないが、妻が入院や死去すると、初めて気づくようになる。

それは「妻依存」です。

私の場合は遅すぎた自覚でしょうか?

自分の身辺に関する事柄、食事や服装、掃除、洗濯、家計などなど。
多くは家事です。
これができないようでは「自立」しているとは言えませんね。

言わば「妻依存」「妻依存症」です。

図をみてください。
妻依存の程度を、2つの軸から分類です。
それは「身辺自立の軸」と「精神的自立の軸」。

この図から自分の位置を知り、「妻依存」に気づくことより始まります。
次に、少なくとも定年の5年くらい前には自覚し、退職後の生活をイメージすることから始めてください。

「会社離れ」や「組織離れ」ができるかどうか。
会社がない、仕事がない日常生活へのイメージですよ。

2つの軸からの判断

「妻依存チエックリスト」です。やってみてくださいね。

いかがでしたか?
まずは気づきから・・私、家事を始めたときは〇は5つです。

中高年に効く!メンタル防衛術 夏目誠