なぜ『常識・普通・当たり前』が通じないのか?ー解明編2

大衆社会は「常識を作った社会だ」

日本の風景が激変だ

3つのイラストを見て、何か感じられますか?
懐かしい風景。
「そう、そう…」、懐かしいですね。
日本の風景の移り変わりです。
農村、都市の工場地帯、そして東京を中心にした巨大ビルの集合。
戦後70年間で、こんなに変わってきたのですよ。

次郎さんは工業社会、田舎出身、皆で共通のルールを

次郎さんと花子さんの会話を聞いてね。
SF的ですが。
「多様化社会」に生きるの花子さん、「工業・大衆社会」で生活する次郎さんですよ。

花子さん:東京で働いています。
・・・・・上のイラストに示したように過重労働が多く、疲れます。負けないようにと意識して。
・・・・・高度経済成長時代が懐かしいですね。
・・・・・日本の華の時代かな・・。

次郎さん:田舎から出てきて工場に採用されました。
・・・・・ベルトコンベヤー作業が多いです。
・・・・・知らない人ばかりで出身地もばらばら。若者が多かったよ。
・・・・・だから、まとまるためにルールがいりました。作りました。
・・・・・それが、常識、普通になっていきましたね。
・・・・・高度経済成長で、給料がどんどん上がり、家も買えました。
・・・・・職場結婚です。子ども2人の4人家族です。「核家族」の見本みたい。

花子さん:次郎さんが言っている「常識・普通」は私の社会ではどんどん変化してますね。
・・・・・今は「勝ち組・負け組」の分類がきつい

次郎さん:それはないから楽ですね・・・。「明日は今日より豊かになっていく」、
・・・・・ものに恵まれた豊かな生活ですよ。
・・・・・「3C,クーラー、カー、カラーテレビ、リッチ気分ですよ」。

常識・普通は「大衆社会」では、すべて通じたのだ!!

工業・大衆社会です。日本の高度経済成長の華が開いた時代です。
皆、豊かさに憧れ、それを求めた時代です。
この時代こそ「常識・普通」が最も必要な時代です。
「豊かになりたい」と言う共通の目的では、「普通の願望で当たり前。礼儀作法のマスターは常識」であった。。
疑義を持たずにまっしぐらに走った時代です。

でもその反動が「多様化社会」に出てきます。