なぜ『常識・普通・当たり前』が通じないのか?ー解明編3

多様化・成熟社会には常識は重要でない

親たちは人の目を気にする⇒常識が気になる

花子さん:東京で働いています。
過重労働が多く、疲れますが、マイペースでやっていますよ。
だから両親のように人の目が気にならないよね。

次郎さん:親父も、おふくろも周囲の目を気にしている。
・・・・・馬鹿みたい。
・・・・・周囲が何かしてくれるわけではないのに…。

次郎さん:田舎から出てきて牛丼屋で働いています。
・・・・・時間給の賃金です。
・・・・・東京だから1100円かな。
・・・・・立ちっぱなしで…疲れますが。
・・・・・学費がいるからね。
・・・・・バイト同士の会話はないですよ。
・・・・・疲れもあるが話題、共通の話題がないかなぁ。
・・・・・あっさりして良いですが、少し淋しいね。

物への執着がない⇒お金への欲望も減少よ…

花子さん:私たちは「車」も「ブランド品」も「持ち家」もいらないから、お金がかからないのよ。
・・・・・ブランド品って商売に利用しているだけよ…。

次郎さん:ブランド品を持っていたらお嬢様、センスが良いは、会社が作った常識まがいですよね。
・・・・・私たち若者は「常識、世間の目」を気にしないことにしています。

花子さん:全てが、そうではないが、それがメジャーになっていますよね。

次郎さん:だから車やブランド品が若者に売れないのよ。
・・・・・リッチなフアッション品が売れないなど・・・「モノ離れ」の証拠は多いよね。

女性の多様化が進んでいますよ

次郎さん:皆が、違いがあるものを持つのも多様化社会化かも。
・・・・・アメリカンフアッションもあれば、着物が好き、サリーがいいとかね。

花子さん:女性のライフスタイルも多様化しています。
・・・・・実に様々なコースがあり。
・・・・・自由に選んでいますね。

次郎さん:男も様々なライフスタイルが若者を中心に増えてきましたよ。

中高年に効く!メンタル防衛術 夏目誠