対人ストレス対応へのヒント⑫

仕事が増えるマジマジ、ラクしているキャピキャピ

前回紹介しました、2つの”キャピキャピ”グループと”マジマジ”グループは、志向や価値観、行動パターンが大きく異なっていますので揉めやすい。
仕事の段取りや方法、食事、休養室の過ごし方などなどで…。

ストレス点数の夏目 対人ストレスのヒント

“マジマジ”グループは何事も真面目にコツコツするから、仕事はきっちりできています。

しかも断るのが苦手だから上司や先輩も頼みやすいので、仕事量が”キャピキャピ”グループに比べ多くなっていきます。

「当番」や「急な仕事」も当たりやすいので不満がたまる、たまります。
不満のターゲットが”キャピキャピ”グループになるのは当然でしょうね。

「なによ、あの人たち。上司や先輩に媚びて。
いい目だけして…色目も使っているよ」や「腹が立つのよ。
ケバイ化粧で会社の品位を落としてている」との反感が増すばかり。

ストレス点数の夏目 対人ストレスのヒント

住み分けがポイントだ‥‥男性社会に対抗できるよ

“キャピキャピ”グループからすれば「まじめにやるだけが人生でないのよ。
あの人たちはダサイ。
明るくないね」や「情報と人脈が大切よ。
あなたたち、知っている?
時代の流れをつかまないと乗り遅れるよ」
「パワーのある男をキャッチしないと…」と言いつのるのです。

大人的に考えれば、お互いに足りない面を補いあえるが、現実は協調するのは難しく対立しやすいようで‥‥。
どうすれば良いのか?

割り切って2つのグループが各々の違いを利用し、どう棲み分けをするのだろうか。

大人的に考えれば、「相互補完的に働き、つかず離れず」の態度で協調すれば、まだまだ企業に多い「男社会」に、女性の力を認めさすことが可能ですよ。
男性社会にもっと風穴が開くかもしれないのです。

ストレス点数の夏目 対人ストレスのヒント

この記事を書いた人

natsumemakomako